向島百花園

今ある東京の庭園の多くは江戸時代、大名の江戸屋敷につくられた庭園が残っているもの、または明治期の財閥などの屋敷跡です。六義園は柳沢吉保、浜離宮は徳川将軍家、芝離宮は紀州徳川家、小石川後楽園は水戸徳川家、清澄庭園は紀伊国屋文左衛門、下総国関宿の城主久世大和守などです。その後、六義園、清澄庭園は岩崎弥太郎が所有、東京市に寄贈など、多くの変遷を経て一般に開放されるようになりました。
c0326000_1643970.jpg
c0326000_1642757.jpg

なかでユニークなのが向島百花園。いわば民間人が同好の志を集めてつくってしまったのです。時は文化・文政期、骨董商の佐原鞠塢(さはらきくう)が文人墨客の協力を得て、梅園をつくりました。その後、萩、ススキなど日本、中国の古典に詠まれた植物を集め、百花園としました。

c0326000_16461768.jpg
c0326000_16454865.jpg
これは芭蕉の句碑。
春の七草、虫聞き、月見、句会など様々な催しが行われてきました。

秋には秋の七草といって萩やすすきなど比較的地味な花や草などをめでる習慣があるのは、おそらく平安の昔からだろうが、それらの草木を一カ所に集めると、見ようによってはただの草木のはびこる手入れの悪い庭になってしまうのではないだろうか。ここにあらためて風雅を感じ、月をめで、虫の声をたのしむ余裕はどこからくるのか。江戸時代に愛好家たちが集まってそうした庭をつくった。向島百花園に行ってみた。園外は普通の家並み。一歩はいると武家屋敷の庭園でなく、寺院の庭園でもない、どこかなつかしい風景が広がる。見慣れた木々、梅とか萩とかすすきとか。今の時代ならたしかにかえって珍しい風景かもしれない。だが、はてな、これは江戸時代につくられたというではないか。江戸時代にすでにこうした自然が珍しいということがあったのだろうか。いわゆる文人墨客が望んだことははたしてなんだったのだろうか。たくさんの句碑が並ぶ。芭蕉の署名がはせをだというのも初めて知った。見上げるとスカイツリーが木々の間から大きく見えた。
c0326000_16471059.jpg
都会化した現代ならともかく、江戸時代、ススキや萩とかはその辺にいくらでもあった気がするのですが、これを集めて愛でる心を改めて余裕のある暮らしではないかと驚き、羨ましく思います。
c0326000_1649873.jpg
春もややけしきととのう月と梅 芭蕉
[PR]
by yumehonclub | 2014-05-08 16:55 | Comments(0)

芭蕉と風景

c0326000_14435495.jpg
c0326000_14433332.jpg
c0326000_1443740.jpg
c0326000_14424761.jpg
芭蕉は一時期、隅田川と小名木川の交わるところに庵を構えていた。芭蕉庵からの眺めはおそらくこうした風景であった。もちろんビルはなく橋もない。海風がここちよくあるいは激しく打ちつけるところだ。やがてここから舟に乗り、千住にわたり、奥の細道に旅立つ。
[PR]
by yumehonclub | 2014-05-07 14:48 | Comments(0)