正岡子規の根岸

正岡子規は1867(慶応3)年、愛媛県松山で生まれた。16歳で上京、17歳で東京帝国大学予備門入学。夏目漱石、芳賀矢一、南方熊楠、山田美妙らと同期。このころ短歌や俳句を学び、ベースボールに熱中。
c0326000_17353319.jpg

c0326000_1735090.jpg

          春風やまりを投げたき草の原

22歳、俳句の分類研究(古今の俳句を再評価、価値の認められないものを月並み俳句と称した)、子規(ホトトギス)と号した。結核で喀血する様をホトトギスになぞらえた。河東碧梧桐、高浜虚子らと交流。東大に入るも25歳で退学。日本新聞社に入り、母、妹と根岸で暮らした(子規庵)。
c0326000_173709.jpg

c0326000_174906.jpg



28歳で日清戦争従軍記者として遼東半島に森鴎外を訪ねる。帰国船中で喀血、入院、その後松山の漱石の下宿で過ごす。地元の人たちと連日句会を開いたという。子規庵に戻り、漱石、鴎外らとともに句会を開いた。やがて、歌人伊藤左千夫・長塚節・岡麓らと歌会を開くようになった。1900(明治33)年暮れに病状悪化のため句会、歌会は中止、子規は「病牀六尺」の連載を始める。9月10日最後の句会が開かれ、19日没。34歳。子規は生涯で23,647句作ったという。
c0326000_17375166.jpg

c0326000_1736186.jpg


子規が好んで通ったという団子屋、豆腐料理屋にも句碑が建って今でも大事にされている様子がわかる。

[PR]
# by yumehonclub | 2016-02-26 17:45 | Comments(0)

1892(明治25)年、東京都中央区明石町生まれ。11歳の時、母が亡くなり叔父の芥川家の養子になった。1910(明治43)年に第一高等学校入学、久米正雄、松岡讓、佐野文夫、菊池寛、井川恭(後の恒藤恭)、土屋文明、渋沢秀雄らがいた。1913(大正2)年、東京帝国大学進学、菊池寛・久米正雄らと「新思潮」刊行。「羅生門」「鼻」などを発表。夏目漱石を師とあおぐ。卒後は海軍機関学校で英語教師、1919(大正8)年、大阪毎日新聞社に入社(出社でなく寄稿)。1918(大正7)年の秋結婚。1925(大正14)年頃から文化学院文学部講師、1920(大正9)年、長男芥川比呂志、1925(大正14)年、三男芥川也寸志、誕生。芥川龍之介が北区田端に住んでいたのは、1914(大正3)年から1927(昭和2)年。1923(大正12)年9月1日に関東大震災が発生。地震と火災による大被害が発生、川端康成と遺体を見て歩いたという。1927(昭和2)年「続西方の人」を書き上げた後、斎藤茂吉からもらっていた致死量の睡眠薬を飲んで自殺した。
c0326000_1642952.jpg


もらわれっ子、失恋、女性関係、子育ての干渉、神経衰弱、下痢、100人の作家を集めて『近代日本文芸読本』をつくれば作家たちから一人だけ儲けて書斎を新築したと噂され、姉の家のボヤ騒ぎが起これば、保険金目当ての放火だと疑われた姉の夫は鉄道自殺、借金の処理が残された。さらに「私の子、あなたに似ていない?」若き日の出来事が追い打ちをかける。

「僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」それが理由だった・・。

c0326000_16295371.jpg


[PR]
# by yumehonclub | 2016-02-24 16:00 | Comments(0)

 第二次世界大戦終了はアジアにとって大きな動乱の幕開けになった。日本が旧体制を壊し、その日本が連合軍に敗れたので、権力の空白が各地で生まれた。新たな独立運動のうねりがアジアを変え始めた。中国では毛沢東の共産党と蒋介石の国民党がそれぞれ独立。ベトナムではホーチミンがベトナム民主共和国をつくり、ラオス・カンボジアは旧主国フランスとの動乱、インドネシアはオランダから独立。朝鮮半島ではソ連が進駐する北朝鮮と国連軍(米軍ほか)が進駐する韓国が独立した。
 
 1950年6月25日北朝鮮軍は38度線を越えて韓国に侵入、朝鮮戦争が始まった。北朝鮮・中国軍の侵攻に準備不足の韓国・国連軍は敗走。釜山近くでようやくとどまり、反撃に転じた。マッカーサーは多数の兵力を動員、日本の基地からも直接爆撃機を出した。国連の要請で日本特別掃海隊として海上保安官も参加している。

 さまざまな補給物資や運搬手段が大量に必要となった。これらはアメリカ本土から運んでいたら時間も費用も膨大になる。日本で調達した方が効率的なことは明らかだった。緊急に補給を整えなければならない。GHQの日本占領政策は大きく転換することになる。日本を反共の防波堤にしなければならない。強固な砦にしなければならない。
 再び産業を盛んにしよう。必要なら戦犯の力も借りよう。戦争犯罪人だが十分力を持っている。こうして一部の旧体制の人々が生き残ることになった。戦争責任は曖昧になった。マッカーサーの指示で警察予備隊がつくられ、保安隊に変わり、やがて自衛隊と名前を変える。韓国に大量の物資を補給することになり、その結果、日本には空前の好景気が訪れた。

 自衛隊は憲法違反だったのではないのか。裁判では「自衛のための最低限度の武器使用は認められる、いかなる国も自衛する権利を否定することはできない」となった。ではなぜ憲法では軍隊を持たないと規定したのだろうか。実はアメリカは沖縄を占領していた。ここに巨大基地を確保して、東アジアに睨みをきかすことができた。日本をも睨むことができた。反逆分子はいつでもつぶせる用意ができていた。
 しかし米ソの対立が激しくなると、日本は地理的に最前線の位置にいる。当然アメリカとともに自由主義国家を守るために働いてもらわなければならない。沖縄だけでは足りない。流れが大きく変わった。日本は自由主義国家と講和を結び、独立したが、占領軍(米軍)は撤退せず、日米安保条約にもとづいた新たな駐留となった。  
 どこでも戦争が終わって独立すれば占領軍は撤退するが、日本は例外であった。その後70年以上日本の税金で駐留を続けている。軍隊を持たないはずの日本国民は米軍と自衛隊の二つの軍隊を支えることになった。

[PR]
# by yumehonclub | 2016-01-20 11:33 | Comments(0)

憲法ができた

1947年5月3日憲法ができた。
 象徴天皇、主権在民、自由平等、民主主義、戦争放棄、三権分立。どれも国民にはよくわからないことだった。なにしろ戦場へ出征する息子に思わず「死ぬんじゃないよ、生きて帰ってこいよ〜」と叫んだ母親を「なんてことを言うんだ、ばかもの。命はお国に捧げるものだ」と足蹴にして怪我をさせる憲兵がいた。戦場では「玉砕だー」と言われ突撃をして、それでもやっとの思いで隊に戻ってくると「ばかもの、死なんでどうする。もう一度いってこい」とどなられる時代だった。
 夢のような憲法だった。もう戦争はしないんだ。男女は平等なんだ。だれでも選挙ができるんだ。よちよち歩きの民主主義はこうしてスタートした。

c0326000_101405.jpg

 なぜこうした憲法をGHQが進めたのか。ひとつは日本が再び国力をつけて、アメリカなどに対立する勢力とならないように弱体化させるのが占領政策の大きな目的でした。独裁政権をつくらせないこと、軍隊をもたせないこと。GHQは財閥解体、軍需産業解体、金融解体、農地解放などをすすめ、一部が大きな力を持たないように権力の分散化を進めた。

[PR]
# by yumehonclub | 2016-01-15 17:18 | Comments(0)

1945年
6月23日 沖縄の日本軍敗北。県民を巻き込んだ組織的戦闘が終わる。日本側犠牲者は18〜20万人ともいわれる。
8月6日 広島に原爆投下、11月までに17万人死亡、5年後には24万7000人が死亡した。
8月8日 ソ連参戦、満州、朝鮮、樺太に侵攻。
8月9日 長崎に原爆、12月までに8万人死亡。
8月10日 御前会議で国体護持(天皇制)を条件にポツダム宣言受諾を決定、海外に通知。
8月14日 ポツダム宣言無条件受諾を決定。
8月15日 ラジオで終戦を発表。
8月18日 満州国消滅。
8月22日 ソ連潜水艦、引揚船を攻撃。
8月23日 スターリンが日本人50万人のシベリア抑留を指令。
8月30日 連合軍最高司令官マッカーサー厚木に到着。
9月2日 東京湾戦艦ミズーリ号で降伏文書に署名。米・英・ソ連・中国・オーストラリア・カナダ・フランス・オランダ・ニュージーランドが署名。
9月6日 連合軍海軍司令部が慶應義塾大学日吉校舎を接収。
9月9日 南京で日本軍降伏。
9月15日 日比谷の第一生命ビルにGHQ(連合軍総司令部)本部ができる。
9月27日 天皇がマッカーサーを訪問。

c0326000_13541054.jpg

 間違いなく日本の歴史の中で最も悲惨な時代だった。海外に展開していた日本人は気がついたら周りはすべて敵、日本に帰るに帰れず、またやっと帰っても食糧さえないありさまだった。
 こんな中でGHQ占領軍の指示の下、いわゆる平和憲法ができる。その流れを追ってみよう。

10月4日 GHQは政治犯の釈放、特高警察の廃止、言論、集会などの自由制限する法律の廃止を指示。東久邇内閣はそれはできないとして総辞職。次の幣原内閣が治安維持法など15の法律・法令を廃止、政治犯3000人を釈放した。
10月11日 マッカーサーは憲法改正に言及。
10月25日 幣原内閣は憲法問題調査委員会を設置。

1946年
2月8日 委員会は憲法改正要項をGHQに提出。この間民間有識者たちによっても草案が発表されている。また各政党も草案を出している。自由党と進歩党は明治憲法に近く、共産党は天皇制廃止、社会党は国民生存権などを唱えた。
2月13日 GHQは提出した憲法改正要項を拒否。代わりにGHQ草案が渡された。
2月22日 閣議でGHQ草案に沿って憲法改正すべく、政府案の作成に入った。
3月2日 試案提出。3月5日確定、6日憲法改正草案要綱として発表。
米国政府や極東委員会は拙速として懸念を示したが、マッカーサーは支持。
6月8日 憲法改正草案は吉田内閣の下、枢密院本会議で可決された。
8月24日 新選挙法で選ばれた衆議院本会議で帝国憲法改正案は、賛成421、反対8で可決、10月6日貴族院で可決、GHQの要請で部分修正をした後、再び衆議院で可決。
10月29日 再び枢密院で可決、天皇の裁可を経て11月3日に公布。

1947年
5月3日 日本国憲法施行。

[PR]
# by yumehonclub | 2016-01-14 13:56 | Comments(0)