c0326000_17430857.jpg


c0326000_17260401.jpg
c0326000_17233833.jpg
c0326000_17225020.jpg
c0326000_17215446.jpg
c0326000_17183881.jpg
c0326000_17180430.jpg
c0326000_17130582.jpg
c0326000_17123407.jpg
c0326000_17115556.jpg
c0326000_17101475.jpg
c0326000_17084250.jpg
c0326000_17080621.jpg
c0326000_17400452.jpg
みんな番人でしょうか

[PR]
by yumehonclub | 2016-04-27 17:46 | Comments(0)

谷中の五重塔

c0326000_14372782.jpg


天王寺の五重塔は1644年(江戸前期)に建てられた。1772(明和9)年の大火で焼失、1791(寛政3)年に再建された。高さ34メートルを超える塔は関東一の高さだった。
c0326000_14384973.jpg


1891(明治24)年から2年間、幸田露伴はこの五重塔を見ていた。幸田露伴の住まいは谷中墓地の脇にあった。五重塔再建の職人の物語はここから生まれた。
c0326000_14393936.jpg


1957(昭和32)年7月6日早朝、燃え上がり柱のみ残して全焼した。焼け跡には男女の遺体があった。男女は道ならぬ恋の清算を図るために焼身自殺を選んだのだ。
c0326000_14402773.jpg


五重塔周辺は春になると人々が桜を見にやってくる。ビニールシートを敷いてお花見をする人も多かった。江戸の名所図でも境内(このあたりは墓地ではなかった)で花見をする人たちが描かれている。
だが昨年あたりから墓地内での飲食お断りの掲示がされるようになった。ゴミ箱もなくなった。焼き芋の移動販売車も来なくなった。
c0326000_1451817.jpg

c0326000_1441193.jpg

[PR]
by yumehonclub | 2016-04-06 14:53 | Comments(0)