五色桜(ごしきざくら)

 桜といってもソメイヨシノのようの白に近いもの以外に、赤・ピンク・黄色・緑・うす墨・白などたくさんの種類があります。いろいろなものを混ぜて植えていた荒川堤の桜のことを五色桜といっていました。明治・大正・昭和と長く人々を楽しませていました。
c0326000_104141.jpg
c0326000_1033181.jpg
c0326000_1025267.jpg
 この桜を2012(明治45)年当時の東京市長尾崎行雄が日米友好のためにワシントン市に贈ったのがその後有名になったポトマック河畔の桜です。もっとも2010年に贈った2000本の苗は病害虫のためすべて焼却処分されました。2012年に改めて慎重に管理した3000本を贈り、ワシントンに植樹することができました。荒川堤の五色桜から穂木を採り、 兵庫県の伊丹からサクラ台木を取り寄せ、 静岡の興津で接木したといいます。 それらの努力が ポトマック河畔の桜になりました。いまでは毎年盛大に桜まつりが行われています。東京には返礼としてハナミズキが贈られました。
 この桜の植樹には27代タフト大統領夫人に働きかけたエリザ・シドモアというジャーナリストの尽力があったといわれています。また朝鮮半島における日本の権益をアメリカに認めさせたいという時代背景もあったようです。太平洋戦争中には日本桜という名から東洋桜と名を替えて生き残ったといいます。
c0326000_108362.jpg

 さて本家の荒川堤の五色桜は戦後間もなく1947(昭和22)年頃、放水路掘削や排気ガスあるいは燃料として伐採などで絶滅してしまいました。そこで改めて里帰りをアメリカに依頼、1952(昭和27)年、1981(昭和56)年と里帰りが実現、荒川堤や足立区内の公園に植えられています。1981年の桜は当時の大統領にちなんで通称レーガン桜ともいわれています。
c0326000_10114680.jpg
 五色桜はソメイヨシノより少し遅れて咲くようです。

ついでに街で見かけたほかの桜たち。

c0326000_10254783.jpgこれはニワザクラc0326000_1025206.jpg
c0326000_18261575.jpg
これは秋色桜(しゅうしきざくら)
c0326000_10130835.jpg
ソメイヨシノ
c0326000_1026781.jpg
最後は芝桜でした。



[PR]
by yumehonclub | 2015-04-15 10:32 | Comments(0)

大正2年 明治記念博覧会
大正3年 東京大正博覧会(ロープウェイ・エスカレーター登場)

 大正3年 第一次世界大戦参戦
 日英同盟を結んでいたのでドイツと戦った。当時ドイツが植民地としていたニューギニア諸島などを占領、ドイツ降伏後はニューギニア、パラオ、サイパン、マーシャル諸島などを日本が統治。

大正4年 江戸記念博覧会
大正5年 海事水産博覧会
大正6年 奠都五十年奉祝博覧会

 政府批判の大集会も開かれた。

大正8年 普選大演説会
大正9年 最初のメーデー、上野公園で開く
大正10年 原敬内閣弾劾大演説会
大正11年 平和記念東京博覧会(水上飛行機登場)
大正12年 関東大震災

 関東大震災はその多くが発生した火災による被害だ。火はなめるように街を覆い、次の日にも無事だった家々、避難先を襲った。翌2日未明には東京の最高気温46.4度を観測、火災によるもので気象記録としては無効とされた。炎による竜巻で人々は空中高く飛ばされた。死者は10万5千人とされる。
c0326000_16502542.jpg

       上野大仏は関東大震災で顔が体から落ちてしまった。
       体はその後、金属として国に供出したので、顔だけが残った。
                              大正12年9月1日午前11時58分

昭和2年 日本初の地下鉄(上野-浅草)開通
昭和6年 東京科学博物館開館(空から見ると飛行機の形をしている)

 昭和12年 盧溝橋事件発生、日中戦争
 昭和16年 太平洋戦争へ突入

 それまでの戦争には「勝った勝った」と国民は浮かれていたが、徐々に泥沼の負け戦に。男子は召集令状(赤紙)が来たらほぼ一週間後には任地に行かなければならなかった。

昭和18年 動物園で猛獣が殺されはじめる。
昭和20年 空襲で上野広小路ほか焼失 

 東京の空襲は106回あった。中でも3月10日の空襲では一夜にして10万人の死者が出たという。逃げ道を塞ぐ方法で襲ってきたので逃げることは不可能だった。大虐殺となった。遺体は公園などに埋められた。
c0326000_17174393.jpg
 
c0326000_16524746.jpg
終戦
終戦後の上野は家を失った人々、親を失った子どもたちであふれた。
               上野の歴史上野観光連盟
上野観光連盟
[PR]
by yumehonclub | 2015-04-09 17:04 | Comments(0)

慶応4年 彰義隊、官軍に敗れる 寛永寺伽藍焼失

c0326000_15403361.jpg




















        明治政府の反逆分子の慰霊碑は簡単には建てられなかった。
        この碑にはただ死者とあって具体的な名前はない。

明治6年 公園指定
明治10年 第一回内国勧業博覧会
明治13年 寛永寺中堂跡に東京上野博物館落成
c0326000_15413394.jpg


 歴代徳川将軍の眠る寛永寺が焼失するとわずかに残った伽藍も破壊され、やがて公園として殖産興業の博覧会などのイベント会場となった。

明治14年 第二回内国勧業博覧会
明治15年 上野動物園開園
明治16年 上野停車場開業(日本鉄道・上野−熊谷)
明治17年 上野競馬場落成
 不忍の池の周りは折にふれ競馬が行われた。

明治18年 奏楽堂完成
明治20年 夜桜見物の人多数
明治22年 東京美術学校開校
明治23年 第三回内国勧業博覧会(電車登場)東京音楽学校開校
明治27年 日清戦争 戦捷祝賀会(28年講和・下関条約)
明治31年 東京市庁開庁式 西郷隆盛像除幕 不忍池畔で自転車競走会流行

c0326000_15563448.jpg



































明治35年 日蓮開宗650年祭 赤十字25年祝賀記念会
 明治37年 ロシアに宣戦布告
明治40年 東京勧業博覧会(観覧車・ウォーターシュート登場)第一回文展

 数々の博覧会がたくさんの人を集めた。
c0326000_1548469.jpg

明治43年 下谷・浅草などで大雨のため2万戸浸水
明治45年 拓殖博覧会

 上野の歴史詳しくはこちらも上野観光連盟
上野観光連盟
[PR]
by yumehonclub | 2015-04-09 16:13 | Comments(0)