那智熊野

c0326000_14035773.jpg
いわゆる神武東征の折、敵の予想を裏切って逆のコース、熊野から大和へと案内したという八咫烏(ヤタガラス)。
c0326000_14014975.jpg
青岸渡寺の三重塔と那智の瀧、瀧は熊野那智大社の御神体。かつては一体のものであった。分離したのは明治政府である。
c0326000_14003447.jpg
落差133m、そのしぶきを浴びるだけでもご利益があるという。
c0326000_13583325.jpg
c0326000_13591699.jpg
かつて熊野川の中州にあって大いに栄えていた熊野本宮大社、明治22年の大洪水によって流され現在地に移転、中州には巨大な鳥居が残された。
c0326000_14075126.jpg
青岸渡寺、観音霊場巡礼、西国三十三箇所の一番札所である。ここを出発点にして奈良、京都、兵庫、滋賀、岐阜、大阪などの古刹三十三箇所を巡る。
c0326000_14065928.jpg
c0326000_13572341.jpg
また京都、大阪方面からは熊野詣でがさかんに行われている。後白河上皇の熊野詣では34回に及んだのは有名。熊野は浄土とされたのだ。一方で、熊野は修験者(山伏)の修行の山でもある。世界遺産にも選ばれた厳しい山道は命のありがたさを確かめる道でもある。
[PR]
by yumehonclub | 2016-06-10 18:39 | Comments(0)