利根川東遷 利根川は東京湾に流れていた

川をつないで流れを変えた

利根川をはじめ関東の川の多くは今の東京湾に注いでいた。江戸幕府は川をつないだり、止めたりしてかなりの部分を利根川水系に集め、江戸でなく銚子に流れるようにした。その理由は江戸城下の水害防止、水運の効率化、軍事上の理由などがあげられている。

1594年 利根川の分流、会の川を閉め切る。
1621年 新川通、赤堀川を開削して利根川を常陸川につなぎ、銚子まで結ぶ。
1629年 鬼怒川と利根川の合流地点を30キロ上流に移動して、水深を確保。水運をはかる。荒川は利根川から離れ独立水系となる。
1641年 江戸川の開削。関宿より分流、江戸に流れる。

まず利根川の流れを渡良瀬川につなぎ、さらに常陸川につなぎ、鬼怒川とともに銚子に流し、太平洋にそそぐという大工事だった。旧利根川の本流は千葉県野田市の関宿で分かれ、江戸川として江戸への水運とした。
この河川改修により東北方面から房総半島沿いをまわる海運より安全な舟運ができるようになったという。

c0326000_15562599.jpg
江戸幕府は多くの川に橋をかけさせなかったが、千住大橋は例外であった。利用する大名、藩の数が特に多かったからだという。江戸名所図会によれば両岸に材木問屋があり、川を利用して材木を運んでいるのがわかる。

水は低いところに流れる。放っておけば、地勢から一番低い江戸に流れる。つまり河川の管理が重要、洪水があれば江戸がやられる。そこで水が江戸城下に入らないように左右の高さを変えて堤防をつくっている。仮に決壊しても水は城外にあふれるようにしている。

しかし1910(明治43)年8月東京下町は大洪水にみまわれた。本所も浅草も舟や手づくりの筏を使わなければ移動できないほどだった。そのため荒川放水路を新たに開削、現在の荒川ができた。隅田川への水の集中を防ぐためだ。
「千代ばあちゃんの思い出袋」東京大洪水の記録


[PR]
by yumehonclub | 2014-06-18 15:13 | Comments(0)