隅田川収容所

 広い鉄道操車場の片隅にある日通の倉庫。そこは太平洋戦争の一時期、香港などで捕虜となった英・米・カナダ・オランダ兵などの収容所だった。鉄道貨物と舟運の重労働の荷役作業を課され、反抗すれば厳しい罰が与えられた。激しい怒鳴り声や悲鳴が時折外にも聞こえたという。比較的優しい収容所長もいたが、わずか2ヶ月で交代させられたという。やがて空襲が激しくなり、操車場は恰好の標的。いつ捕虜たちも巻き込まれるかと怯えていたという。

 ところがある日を境に、捕虜たちの態度がより反抗的になった。日本は負けたという噂が流れた。彼らはラジオを作って聞いていたのだ。米軍機が超低空で偵察に来た。捕虜たちは屋根に上って大喜びで手を振った。こうなると今度怯えるのは日本人だった。

 捕虜たちは着る物も十分与えられず、土の上にわら布団で寝ていた。食べ物を荷物から盗めば棒で激しく殴られた。

 解放後は憲兵が取り囲まれ、激しく殴られ蹴られた。

c0326000_17274893.jpg
日通倉庫はとてもお洒落になっている

c0326000_17283773.jpg
収容所があったところは瀟洒なマンションになって昔を思い起こすことは難しい。


 隅田川収容所(東京俘虜収容所第10分所)は南千住にあった。収容所での死者は2名。終戦時の収容者は256名という。裁判では8人が裁かれ、一人が死刑、他は重労働5〜30年だった。虐待が主な理由だった。(笹本妙子氏レポートより)


[PR]
# by yumehonclub | 2018-08-21 17:34 | Comments(0)

 ビルが建つとそれまで見えていた富士山が見えなくなるということで、景観保護運動が起きた日暮里の富士見坂。かつてこの近くに最古の映画会社である福宝堂日暮里撮影所がありました(1910年)。その後東洋商会東京日暮里撮影所となり、白黒無声映画を世に出した。やがて天然色活動写真日暮里撮影所と名を変え、1919年まで多数の映画製作をしたという。


 

富士見坂

日活(日本活動写真フィルム株式会社)が1913(大正2)年隅田川のほとりに向島撮影所を作った。自然光を利用するためガラス張りの900㎡のスタジオだった。当時は女性の役は女形が演じた。のちの監督の衣笠貞之助も女形として活躍した。「カチューシャ」という映画がヒットしたが、女形にはアップは向かない。やがて女形は女優に変わっていった。ここで溝口健二は23歳で監督になったという。1923(大正12)年の関東大震災で壊滅。フィルムも失われた。その後同地にできた学校の片隅に碑が立つのみである。

近代映画スタジオ発祥の地(墨田区立桜堤中学校)


[PR]
# by yumehonclub | 2018-08-20 12:39 | Comments(0)

外国人居留区


c0326000_18040740.jpg
都会の真ん中と思えない贅沢な小道

c0326000_18153832.jpg
シーボルト

 安政年間、江戸幕府がアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、オランダと修好条約を結び、箱館、長崎、神戸、新潟、横浜を開港、貿易を認めると同時に商人たちの居留を認めた。この中は治外法権的扱いであったが1899年条約改正によって廃止された。

 東京築地には1969年に居留地ができた。商人よりはキリスト教宣教師たちが多く住んだ。そのため、教会、ミッションスクール、公使館、病院などができた。立教大学、明治学院大学、青山学院大学、女子学院、聖学院大学、雙葉学園などのルーツは皆ここにあった。



c0326000_18214499.jpg
聖路加看護大学

c0326000_18182583.jpg
カトリック築地教会
c0326000_11511295.jpeg
立教女学院校舎跡

c0326000_18212441.jpg
立教学院発祥の地

c0326000_18292762.jpg
                               築地本願寺も近い

c0326000_18260946.jpg
ガス灯



c0326000_18285011.jpg
平和都市宣言



[PR]
# by yumehonclub | 2018-08-16 18:37 | Comments(0)

彼岸花とダリア

c0326000_13413128.jpg
毎年のように「今年は異常気象だ」と言われているが、彼岸花は間違いなく秋のお彼岸に花を咲かせている。
「騒ぐな、騒ぐな。大きな違いはないのだ」と言っているようだ。

c0326000_13435199.jpg
 ある日突然花芽が出て、30センチほどの背丈になると大きな花を開く。
えっ、こんなところに?
予想もしなかったところに花が出る。
だから新鮮。
c0326000_13425143.jpg
そうかお彼岸かと思う。この世を此岸といい、あの世を彼岸という。
死後の世界、仏の世界、浄土、悟りの世界である。
あの世の先祖を想い、この世の悩み少ないことを願う。
c0326000_13455388.jpg
ダリアの明るさ、大きさを見ると元気になりませんか。

c0326000_13465728.jpg
彼岸のあの人が話しかけてくれているようです。

[PR]
# by yumehonclub | 2017-09-20 14:29 | Comments(0)

音羽の護国寺

c0326000_15470134.jpg
c0326000_15472282.jpg
c0326000_15475062.jpeg
天和元年(1681年)、徳川綱吉は母、桂昌院の願により護国寺の建立を命じた。
c0326000_15480787.jpeg
c0326000_15483324.jpeg
石段の上に建つ不老門(昭和13年建立)




多宝塔(昭和13年建立)c0326000_15485856.jpeg
c0326000_15502077.jpg

c0326000_15492617.jpeg
本堂(観音堂)
元禄時代のままだという。

c0326000_15495272.jpeg
平成4(1992)年4月25日「15の夜」「I love you」の尾崎豊の葬儀・追悼式には4万人が集まったといわれている。

c0326000_15510089.jpeg
創建当時がうかがわれる鐘楼
c0326000_15513052.jpg
c0326000_15521786.jpg
明治維新で土地は半分になってしまったが、墓地には山縣有朋、大隈重信、ジョサイア・コンドルらが眠る。

c0326000_15515506.jpg
1933年創設の児童合唱団音羽ゆりかご会(コロンビアゆりかご会)。
創設者海沼實の「からすの赤ちゃん」の碑

[PR]
# by yumehonclub | 2017-07-20 16:03 | Comments(0)