江戸散歩

by yumehonclub


c0326000_18194919.jpgc0326000_18191516.jpg
c0326000_18202059.jpg
c0326000_18210891.jpg
c0326000_1811196.jpg


c0326000_18231789.jpg
c0326000_18273049.jpg
c0326000_18240819.jpg
c0326000_18284020.jpg
960年余りの歴史があると伝えられる炎天寺と八幡神社。炎天寺が全国小中学生俳句大会を始めて54年。今年の入賞者は遠く香港からもやってきた。
c0326000_18264627.jpg
c0326000_18223196.jpg
[PR]
# by yumehonclub | 2016-11-24 18:41 | Comments(0)

北斎美術館

やっとできた北斎美術館
なんども話が出ては消えてしまった北斎記念館、いわば墨田区民悲願の開館だ。
c0326000_16530437.jpg

お花で作った赤富士なんてしゃれていますね。
c0326000_16544180.jpg
c0326000_16533676.jpg
お祝いにかけつけた金魚ねぶた
c0326000_16561090.jpg
入場を待つ人々
c0326000_16553944.jpg
アートな建物ですね。北斎がくしゃみをしそうです。
c0326000_16541372.jpg
北斎の記念館ができました。「すみだ北斎美術館」は本所北斎通りにあります。
宝暦10年〈1760年〉- 嘉永2年〈1849年〉90歳の生涯を画狂人として絵にささげた。
絵一筋、部屋が汚れれば転居、実に93回転居したという。お金には頓着せず生涯貧乏であった。
人体骨格の研究、西洋画の手法研究、優れたスケッチなど研究熱心な天才でした。
本所割下水は北斎が生まれ育ったところ、
画狂老人はどこかで絵を描いていますね、いまでもきっと。

[PR]
# by yumehonclub | 2016-11-22 17:23 | Comments(0)

公園も秋深し

c0326000_10401120.jpg
ふだん見慣れた木々もこの時期豹変する。わずかな間だけれども落葉の前に美の競演をする。

c0326000_10393984.jpg
見上げることのなかった木を見上げ、ときの流れを意識する。


c0326000_10331817.jpg
この道は散歩にいい。何気なく公園一周、そんな人がやってくる。



c0326000_10303255.jpg
イチョウはまもなく鮮やかな黄色に染まることだろう。

c0326000_10341950.jpg

[PR]
# by yumehonclub | 2016-11-21 10:36 | Comments(0)

朝顏

色も形も違うがそれぞれ美しい。
c0326000_1511530.jpg
c0326000_14583530.jpg
c0326000_14574593.jpg
たくさんの葉に埋もれて十分には開けない蕾や十分な大きさには育たないまま開くものもある。蔓はよりよい場所を求めて伸びていく。少しでも陽が当たり、大きく咲けるところ、より目立ち、より美しく、受粉のしやすいところへ伸びていく。次の世代のために。
c0326000_14565533.jpg
c0326000_14562120.jpg
 琉球朝顏あるいは西洋朝顏と称するものには多年草があるという。冬になっても枯れない。いや枯れるほど寒くならない。条件さえそろえば長い間咲いている。
c0326000_14555178.jpg
c0326000_14552599.jpg
c0326000_14534969.jpg

そういえば8月に咲いているヒマワリの一種が、年を越えて2月に片付けられるまでスーパーの店先で咲いていた。ヒマワリの花に雪が積もっていたこともある。
c0326000_10573159.jpg

[PR]
# by yumehonclub | 2016-09-12 15:09 | Comments(0)

お盆

 8月15日はお盆である。ご先祖様をお迎えし一緒に楽しみ供養し、命のつながりを感謝する日である。
 第二次世界大戦(1939年9月〜1945年9月)の間の死者は2000万人、東欧地区など未確認推定を加えると4000万人に達するといわれている。
c0326000_1345211.jpg

 1945年9月2日、日本は東京湾戦艦ミズーリ号で降伏文書に署名。米・英・ソ連・中国・オーストラリア・カナダ・フランス・オランダ・ニュージーランドが署名。戦争は公式に終わった。満州など各地では日本人たちの必死の逃走が続いた。
c0326000_13441299.jpg


 8月15日に終戦の詔勅、ラジオによる昭和天皇の敗北、終戦の発表があった。それまでの大本営発表で日本が勝つと喧伝されていた国民は、すぐには理解できなかった。ブラジルに移民していた日本人の間では、日本は勝ったとする人たちと、負けたのだとする人たちで争いが起きた。
c0326000_1346470.jpg

 8月15日は終戦記念日である。戦禍に見舞われた多くの人たちを悼み、静かに平和を祈念する日である。二度と戦争はしない、させない。
c0326000_13465599.jpg

 敗戦とは言わない。終戦、どこか他人事である。誰が戦争を始め、拡大し、多くの人を殺したのか。一億総懺悔では済まない。
c0326000_13473388.jpg

 召集で兵として大陸に渡ったある人は、進軍途中、ある町で女性をレイプし命乞いをするその人を銃剣で刺した。やりたくはなかったが、上官の命令だったという。またいよいよ負けがこんできて、フィリピンの山中に逃げ込んだが、もはや軍の規律は崩壊、食料もない。こうなれば恨み骨髄に達している上官を殺し食料と銃弾を奪え。

c0326000_1348523.jpg

  8月15日はお盆である。ご先祖様をお迎えし一緒に楽しみ供養し、命のつながりを感謝する日である。
c0326000_13512480.jpg

なにげない夏。つわものどもや、たおやめどもの夢の跡。
[PR]
# by yumehonclub | 2016-08-15 13:51 | Comments(0)